【初級】株式投資とは〜株式投資の社会的意義〜

> >

株式投資とは

民間企業が発行する「株式」を購入することで、発行会社の出資者(オーナー)の一員となり、その対価として株主総会での議決権(意思決定する権利)、配当金や株主優待を受け取る権利を受ける投資方法。

株式とは

株式とは、企業が資金を集めるために発行している証券のことであり、株式を購入した者は企業の出資者(オーナー)となることができます。

出資するメリットは、議決権(会社の意思決定に参加できる権利)、年度末に分配される配当金、その企業のサービスを通常より好条件で受けることができる株主優待などを受ける権利を得ることにあります。

従来の株式は紙(株券)によって発行されていましたが、株券は紛失・盗難・偽造のリスクや、名義の書き換えに手間がかかることなどを考慮し、2009年より株式電子化がスタートしました。現在では紙媒体での取引はなく、電子データ上での取引が一般的になりました。

株式投資の意義

株式投資は単にお金儲けの手段として存在しているわけではありません。

企業に対して出資をするということは、会社の売上向上や技術革新の応援、日本経済ないし世界経済の発展に貢献することにもつながります。

それは巡りめぐって私たちの生活の豊かさにもつながっていくことになります。

非常に社会的意義が強いため、日本でも「NISA(ニーサ)」をはじめとした税制優遇措置などを講じて、国民に対し投資の促進をしているのも事実です。

株式投資はギャンブルではない

株式投資と聞いてどのようなイメージを思い浮かべるでしょうか。

「難しそう」「ギャンブルっぽい」「なんとなく怖い」「儲かりそう」など様々なイメージがあるかと思います。

しかし、株式投資の意義や仕組みについてしっかりと理解すれば、それらのイメージは大きく変わることでしょう。

よく「株式はギャンブルだ」という言葉を耳にしますが、あまり正確ではありません。

ギャンブルは「勝敗が読めない」「0か100の勝負」という点において大切なお金を失う「リスク」が非常に大きいと言えます。

その代わり勝った場合はリターンも大きいですが、勝つためには圧倒的な実力と運が不可欠です。

一方、株式投資の場合は、世界の政治・経済の状況や企業の業績などの参考データを用いることで、ある程度相場の予測をすることが可能です。

時に運の要素を伴うこともありますが、「リスク」は安定性のある企業に投資したり、複数の企業に分散投資したりすることで軽減することもできます。

こうした理由から株式投資はギャンブルとは明確に切り離された「資産運用」の1つであると考えることができます。

しかし実際の株式投資には押さえておくべき知識や入念な準備が必要になります。

慌てて始めると予期せぬ損失を出してしまう可能性もあるので、まずは基本となる株式投資の理解を深めることから始めましょう。

もっと詳しく知りたい方は、続編の「もっと株式投資を理解する」をご覧ください。