生命保険とは

生命保険とは大勢の人で公平に保険料を負担しあい、その中から万が一のことが起こったときに、保険金や給付金を支払うことを約束したもの。

万が一の場合とは、「死亡」「高度障害」「入院・手術」などが代表的。

昨今、「貯蓄性」を兼ね備えた資産運用の一部として活用できる商品も注目されている。

生命保険が役に立つ4つのケース

生命保険とは加入者に万が一のことがあった際、契約者本人、またはその遺族に対して「お金」を保険金・給付金として支払うことで、その受取人が金銭面において困らないよう備えるものです。

生命保険は、次に挙げる4つのケースにおいて活用することができます。

※保険契約には3者の登場人物が存在します。
「契約者」 ・・・保険を契約し、保険料を払っている人
「被保険者」・・・死亡・高度障害などの保険事故の対象となる人
「受取人」 ・・・保険事故が発生したときに保険金を受け取る人
実務的には、契約者=本人、被保険者=本人、受取人=配偶者などが一般的

まず生命保険で最も大切な役割を果たすのが、死亡時の保険金給付です。

一般的に人が亡くなった場合、直後には「葬儀費用」「お墓代」「生前治療費」「借入金の返済」など様々な費用が発生する可能性があります。

また長い目で見た場合、「遺族の生活費」「子供の養育費・教育費」「配偶者の老後資金」「車や不動産のローン」などさらに多岐にわたります。

これらの金銭的負担を保険によって解消することが目的となります。

高度障害とは、例えば両手や両足が全く動かなくなってしまったり、両目を失明してしまった場合のように、障害者一級相当に該当する状態を指します。

このような場合、生命保険では「死亡保険金」を生存中に受け取ることができます。

もし仮に働けなくなってしまった場合や介護が必要になった場合、生活を支えるための資金として活用することや治療費に充てることが可能となります。

入院・手術は文字通り、入院や手術を受けた際に給付金を受け取れるものですが、例えば「がん」と診断された場合、入院・手術前でもその診断書の提出で給付金を受け取れる形式の保険商品も存在します。

これらはまとめて「医療保険」と総称されます。

そして近年、生命保険を活用して資産運用ができることも大きな役割の1つとして注目されています。

契約した保険が、期間を満了し「満期」となった場合に「満期保険金」が受け取れるたり、将来保険契約を解約した場合に「解約返戻金(かいやくへんれいきん)」を受け取れたりする保険商品がこれに該当します。

保険というと早期死亡時に役に立つことが多いですが、高齢化や人生100年時代を背景とした老後資金の不足に対する「長生きに備える保険」も必要性が増しています。

資産運用として用いられる保険種類は養老保険終身保険が中心となりますが、こちらの詳しい内容については「資産運用としての保険の活用方法」をご参照ください。

生命保険のメリットとデメリット

生命保険は、「万が一の時にお金の面で困らないようにする」という重要な役割を担っていますが、それ以外にも多くのメリットがあり、その反面デメリットも存在します。

生命保険のメリットは、万が一の時の安心に加え、老後資産の貯蓄、相続時の生命保険金非課税枠を利用した相続税対策、所得税・住民税から支払った保険料の一部を控除することで節税にも活用できます(年末調整もしくは確定申告が必要)。

一方、デメリットは毎月保険料がかかること、貯蓄型の商品については加入後数年以内に解約した場合、払った保険料よりも解約返戻金が少なくなること、加入時よりも通貨の価値が低下し、保障が足りなくなるインフレリスクがあること、また既に病気や健康診断で異常が認められる場合には、加入できない可能性があることなどが挙げられます。

このようなメリット・デメリットを考慮し、自身にとって最適な商品を選択する必要があります。

生命保険を選ぶ際に損をしない、自身にとっての最適な生命保険を選ぶためのキーポイントは「生命保険をもっと理解する」をご覧ください。