債券とは〜その特徴と仕組みについて〜

> >

債券とは

国家・公共団体・銀行・会社等が、事業に必要な資金を借り入れるため発行する有価証券。

債券の特徴

債券という言葉は、株式や投資信託に比べ聞きなじみのない言葉かもしれません。

しかし仕組みさえ知ってしまえば、理解するのはそれほど難しくありません。

まずは債券とはどのようなものかについて理解しておきましょう。

<債券の特徴>
n 債券を購入する(=お金を貸す)と、満期時にお金が返ってくる(償還されるという)
n お金を貸している間は、毎年「利子」を受け取ることができる
n 発行体が企業や国、地方自治体のため比較的ローリスク・ローリターン

債券を一言で表すと、「借用書(お金を貸したという証明書)」であると言えます。

その証明書の発行体は主に企業や国、地方自治体となることが一般的です。

債券は購入した際に、元本が償還(返済)されることが決まっており、保有期間中は利子を受け取ることができるため、比較的安全性の高い運用資産として用いられることがあります。

債券の意義

例えば個人間でお金の貸し借りをした場合、貸した側は借りた人に対して、「確かにあなたに貸しました」という証書を渡すはずです。

もしこれを怠ると、借りた人が返せなかったり、返さずに逃げてしまったりした場合に、貸したという証明ができなくなってしまい、貸し倒れてしまう可能性があるからです。

個人間でも貸し借りについては証書を発行することが多々あります。

しかし、国や企業がお金を借りたいとき、金額は一般的に個人間取引よりもはるかに大きくなります。当然金額が大きくなる分、貸す側にとってもリスクが伴います。

そこで証書の代わりに発行されるものが「債券」ということになります。

債券の仕組み

私たち個人と同じように、企業や国も誰かからお金を借りることがあります。

その手段の一つとして債券が使われることは前述したとおりです。

では実際にどのようにして債券が発行され、運用されているのでしょうか。

債券は発行体の意思によって発行されます。つまり発行する側で発行するタイミングや発行量を調節することになります。

例えば我が国・日本が発行している「日本国債」を例に考えてみましょう。

このように日本政府が国債を発行するというタイミングにおいて、投資家が国債を購入することで、国債を保有し資産運用が開始されます。一方、国債を発行した日本政府は投資家から集めたお金を国の政策のために使うことになります。

「社債」というのは、この国債の発行体を企業に置き換えた場合の呼び方となるため、仕組みはほとんど変わりません。

このように発行体から直接購入した債券は「新発債(しんぱつさい)」と呼ばれ、全く新しく発行された債券を購入したということになります。

これと対照的に、「既発債(きはつさい)」と呼ばれるものがあり、債券市場はこの新発債と既発債で運用がなされています。

債券市場を理解するためには、この既発債の理解が必要不可欠となります。

今度は登場人物が増えました。この場合、左の投資家は直接政府から国債を購入したのではなく、既に発行されている投資家が持つ国債を購入したことになります。

既発債は既に発行されている債券を、流通市場から購入することでこのように呼ばれることになります。

端的に区別するなら、新発債は発行体から直接購入した債券。既発債は新発債を購入した投資家から購入した場合、いわば「中古」の債券ということになります。

購入時の債券の価格は日々動いていますので、場合によっては新発債よりも高い金額で購入してしまう可能性があります。

しかし、債券に乗っている利子(クーポンとも言います)は発行体に償還するか、満期を迎えるまで受け取れるので、必ずしも高値で買った債券が損をするとは限りません。

※クーポンが付いていない債券も存在します。クーポンが付いている債券を「付利債」、付いていない債券を「割引債」と区別します

このように債券市場は常に発行体と投資家の中で「新たに発行される債券」と「既に発行された債券」の売買によって成り立っています。

資産運用としての債券保有については「債券をもっと理解する」で詳しく述べておりますので、続きをご覧ください。