円をドルやユーロなどの外貨に換えて運用する資産。

資産の価値が外貨を基準にして表記されるため外貨建て(がいかだて)と呼ばれる。

外国株式や外国債券などが代表的だが、他にも外貨建て商品は幅広く存在する。

円建て資産の限界

日本はバブル経済の崩壊以降30年近い年月を経て「低金利時代」に突入しました。

この日本の金利低下によって資産運用の方法も大きく変化を遂げてきました。

はじめに金利が低下することが、どれほど私たちの生活に影響しているかを見てみましょう。

このように過去30年間で銀行の預金金利は大幅に下がりました。

30年前であれば銀行に預けるだけで毎年一定量の利息を受け取ることが可能でしたが、そのような時代はずいぶん前に終わってしまったようです。

しかし私たちが生活していく中で必要な「お金」を少しでも増やそうと考えるのであれば、現金で貯蓄しておくだけでなく、運用することも時に必要となります。

ある程度リスクを抑えて資産運用をしたいとなれば、真っ先に浮かぶのは国債や銀行預金でしょう。

これらの資産運用方法は安全性こそ高いものの、先述した通り低金利によってリターンは少ない、いわゆる「ローリスク・ローリターン」の投資先となりました。

このような状況の中でリターンを求めるとなると、もはやリスクを取る必要が出てくるということになります。

円建てでミドルリスク以上の金融商品には株式投資、投資信託などがありますが、これらから期待する利益はキャピタルゲイン(株価など資産価値そのものが上がることにより得られる利益)がメインであり、銀行預金の利息のようなインカムゲイン(利息や配当金、分配金などで得られる利益)と本質的に異なります。

かつてはローリスク・ミドルリターンが実現できた時代もありましたが、現代ではリターンを求めるためにはそれに見合うリスクを取る必要がある、なんとも当たり前の世の中になったということです。

つまり円建てではインカムゲインが期待しづらくなったため、多少のリスクを取って資産運用する必要性が出てきたのです。ここに円建て資産の限界が訪れたことになります。

外貨建て資産の必要性

日本の低金利時代において、円建て資産からのインカムゲインは期待しづらくなりました。

だからと言って銀行に預けず、他の投資ばかりをするのもリスクが高い…そこで少し外に目を向けてみましょう。

例えば世界の中心国の1つである「アメリカ」では、米国ドルという通貨が使われています。

米国ドルの定期預金金利は2022年1月現在、日本のメガバンクを介して預けた場合「0.010%」と円定期預金の5倍、つまり円預金5年分の利息が1年で受け取れることになります。

さらに日本国債とアメリカ国債を比較してみると、日本10年国債は0.165%、アメリカ10年国債は1.770%と約10.7倍の差があります。

これは各国の金利政策に依存するものであるため、一般的に金利を高く設定している国の国債は利回りが高くなります。

資産運用の中でも比較的リスクが低いと言われている銀行預金や国債投資をするのであれば、円建て資産よりもドル建て資産の方がリターンが大きいことが分かりました。

ハイリスク商品のみで資産運用することは安全性に欠けるため、ローリスク商品を組み込むことが大切です。

その際、円建て資産だけではなく、外貨建て資産を組み込むことも現代の資産運用では必要となります。

一方、外貨建て資産には後述する為替リスクなども潜んでいるため、リスクの部分についても十分に理解しておくことが大切です。

外貨建て資産のメリットとデメリット

外貨建て資産のメリット

・リスク分散ができる

もし円建て資産のみで運用していたとして、日本政府が未曽有の低金利政策を打ち出したり、日本国がデフォルト(実質的破綻)してしまった場合、資産の利回り低下や最悪のケースでは円建ての資産価値がゼロになってしまう可能性もあります。

このような有事に備えて外貨建ての資産を持っておくことは、「分散投資」というリスクヘッジの方法としてとても有効になります。

・インフレに強い

例えば円安の影響で輸入品の物価が上がることがあります。このような場合にも外貨建て資産は力を発揮してくれます。

アメリカから輸入された車の価格は、為替相場によって変動することがあります。

図のような場合、円で買うと為替の影響を受けますが、$50,000の米国ドルを保有していれば、一定の金額で購入することが可能となるのです。

この原理は、海外旅行に行く際に毎回円から外貨に両替するのか、最初から外貨で持っておくのかという場面でも全く同じことが起きます。

・為替相場の変動による利益が期待できる

円に対する外貨の価値は常に変動しています。

外貨建て資産の場合、為替相場の動き方によっては資産価値そのものが上昇する可能性があります。

・金利による利益が期待できる

先述した通り、外貨建て資産は円建て資産よりも金利が高いことがあります。

そのため円建て資産のみで運用したときよりも、期待収益を大きく設定することができる点においても外貨建て資産のメリットと考えることができます。

外貨建て資産のデメリット

・為替の変動によって損失がでる可能性がある

メリットにもあった為替相場の変動は、デメリットと捉えることもできます。

外貨建て資産を持つ上で最も考慮すべきリスクの一つなので、しっかりと理解しておく必要があります。

・為替手数料がかかる

一般的に円貨から外貨に換える際は「為替手数料」が発生します。

例えば銀行の窓口で円をユーロに換えるときには、€1に対して1.4円(2022年1月時点、三井住友銀行の場合)為替手数料がかかります。

つまり円からユーロへの両替が€1=150円のときに1,000,000円を両替すると、両替後の資産は€8,000となるため、€8,000×1.4円=11,200円が手数料として差し引かれます。

基本的には「円貨から外貨に換えるとき」、「外貨から円貨に戻すとき」の両方で為替手数料が発生するので、将来的に円⇒外貨⇒円とする場合は2回為替手数料が差し引かれることを考慮する必要があります。

・ペイオフの対象にならない

もし金融機関が破綻した場合、破綻した金融機関に預けていた預金が引き出せなくなる可能性があります。

引き出しができなくなることは預金者にとって大変な損失となるため、消費者保護の観点から、破綻(はたん)した金融機関に代わって預金保険機構が預金者に預金を一定額までは払い戻すという制度(ペイオフ制度)ができました。

この制度では、元本1,000万円までと破綻日までの利息等が保障されますが、保障の範囲を超える元本と利息部分については破綻した金融機関の裁量によって弁済されるので、弁済されないことがあります。

ここで最大の問題となるのが、「外貨預金」はペイオフ制度の保障対象外となることです。

つまり外貨預金をしている最中に預金先の金融機関が破綻した場合、金額に関係なく弁済がされないというリスクがあるのです。

外貨建て資産には多くのメリットがある一方で、留意すべき事項もあります。

しかし円建て資産だけの運用には思わぬリスクやデメリットが潜んでいることもあるため、外貨建て資産を組み込むことは分散投資の観点からも有効手段であると言えます。

外貨に抵抗があるという方も、メリットとデメリットをしっかりと理解した上で始めてみてはいかがでしょうか。