投資信託をもっと理解する~投資信託の種類とおすすめのファンド~

> >

投資信託の種類

投資信託は、数多くの投資家から集めたお金を金融機関が運用し、運用によるリターン(利益)を投資家たちに還元する仕組みを持つ金融商品です。一般的には「ファンド」と呼ばれています。

出資をする投資家たちは、各金融機関がリリースしているファンドの中から出資先を選ぶことになるため、どのファンドを選ぶかは投資家次第ということになります。

そのため選択したファンドによってリターンの期待値やリスクの大きさが異なることから、投資信託で資産運用をする際は、このファンド選びが最も重要なポイントとなります。

まずは投資信託の種類を知ることで、より自身のリスク&リターン許容度に合わせたファンドを選べるようにしましょう。

投資信託は大きく分けて2種類に分類することができます。

公社債投資信託は、株式を組み入れないファンドのため、比較的リスクの低い商品が多いといえます

一方、株式投資信託は株式を組み込んでもよいことになっていますが、実際には株式を一切組み入れない株式投資信託もあります。

そのため、株式投資信託は「公社債投資信託以外の投資信託」という扱いになります。

さらにファンドごとの特徴によって種類が分かれています。

分類が多岐にわたり複雑なため、ここでは代表的なものにしぼって掲載しています。

上場投資信託は、指定参加者と呼ばれる証券会社や機関投資家などが市場から買い付けた現物株を、運用会社に現物株のまとまり(現物株バスケット)として売却し、代わりに設定されたETFの発行を受けて証券市場に売却する、という現物株バスケットとETFの交換を通じて投資家のもとに渡ります。

指定参加者はETFの発行時に「受益証券」という持分を示す証券を運用会社から受け取ります。

そしてこの受益証券が証券取引所に上場されることによって、一般投資家が受益証券を売買することが可能となり、取引が始まるという仕組みとなっています。

現物株バスケットとETFは相互に交換ができることから、本質的に同じ価値を持ちます。

つまり価格の値動きも連動することになるため、例えば現物株バスケットの中の銘柄が全て日経平均株価の対象銘柄であれば、ETFの価格は日経平均株価と連動して動くことになります。

上場投資信託以外のファンドも、価格変動の原理や運用の仕組みは似ているため、多少の違いがあっても本質は同じと捉えることができます。

その中でも、MRFのように購入・売却手数料が発生しない公社債投資信託や、外貨建てMMFのように為替手数料が発生するなどの特徴を持つファンドも多数存在するため、購入時には必ず商品のパンフレットや目論見書、契約前交付書面を十分に確認することが大切です

初心者におすすめのファンド

前述した通り、投資信託の種類は多岐にわたるため、やや複雑だという声をよく耳にします。

この投資信託という仕組みの複雑さは、これから投資信託を始めようと考えている方が商品選びに苦戦し、なかなか投資が始められないということにつながる可能性があります。

そこでこのコラムでは、これから投資信託を始める方に向けた、失敗しづらいファンド選びの方法とその特徴をご紹介します。

より良いファンドを選ぶ秘訣は「目的に合っているファンドを選ぶ」ということです。

例えば、
・老後までの貯蓄も兼ねて、長期的に資産運用したい
・安全性を求めるが、預貯金より利回りの良いものがいい
・分配金を狙って運用したい
など、リスクとリターンから考えると分かり易いです。

◇ 長期的に資産運用したい方におすすめのファンド

・米国株式インデックス・ファンド

アメリカの株式市場は過去30年にわたって上昇傾向にあります。

将来的なアメリカ経済への市場の期待感も、経済成長率やGAFAをはじめとした世界有数のIT系企業の発展を見るだけで相当に高いことが分かります。

このチャートはアメリカの株価指数「S&P500」の過去10年間の推移です。直近10年間だけでも3倍程度、市場が伸びていることが分かります。

アメリカの著しい経済成長により、投資対象としての魅力も投資家たちの中では噂になることがあります。S&P500のような指標(インデックス)に連動した、インデックス・ファンドは、そうした理由から昨今高い人気を集めています。

主な商品: eMAXIS Slim米国株式(S&P500) (三菱UF国際投信) / SBI・V・S&P500インデックス・ファンド (SBI証券) など

◇ 比較的リスクを抑えて運用したい方におすすめのファンド

・バランス型や債券が中心のファンド

投資信託に組み込まれる資産の内訳は、その商品のコンセプトによって大きく異なります。

組み込まれる資産ごとにリスクやリターンの期待値はそれぞれ異なるため、ファンド選びの際には運用資産の組入比率も確認する必要があります。

資産運用をする中で、極力リスクを抑えたいという方にとって、リスクヘッジをする方法が2つあります。

① リスクの低い資産で保有する(債券など)
② 資産を分散することで、急な相場の暴落に備える(国内株式と外国債券など)

株式を中心としたファンドの場合、株式相場の下落に対してのリスクは比較的高くなります。

一方、バランス型のファンドは多様な資産に分散投資するため、株式相場が不調でも、債券市場や不動産市況が下支えとなり、リスクを抑える効果が期待できます。

また債券中心のファンドも存在するため、運用資産そのものをリスクの低いもので設定するというのも効果的です。

主な商品: たわらノーロードバランス(積極型) (アセットマネジメントOne) / Smart-i 8資産バランス 安定型 (りそなアセットマネジメント) など

◇ 分配金を狙って運用したい

投資信託は運用を続けていると、定期的に分配金を受け取ることができるタイプの商品があります。

分配金はファンドごとの決算によって金額が決まるため、中長期的な目線で配当割合が高くなりそうなファンドを選択することが求められます。

また分配金の割合が高いファンドを選択することは、保有資産のキャピタルゲイン以外での収益を期待することにもつながるのでとても有効です。

まとめると中長期的に衰えない市場に投資することが、分配金の期待にもつながるということです。

昨今、分配金の割合が高いと言われているファンドの中には、REITや米国株式を中心とするものも散見されます。

主な商品: マニュライフ米国銀行株式 (マニュライフ・アセットマネジメント) / ダイワJ-REITオープン(毎月計算型) (大和アセットマネジメント)

このようにファンド選びは、自身の目的に合わせて行うことをおすすめします。

そのほか、信託報酬が安い、手数料がかからないなどといった特徴も別途検討する必要があるため、ファンド選びに困ったときは金融機関やファイナンシャルプランナーに相談するのも有効な手段となります。

投資信託商品は様々な金融機関からリリースされているため、その種類は無数にあると言っても過言ではありません。