資産運用とは

>

不動産投資をもっと理解する~不動産投資で得られるリターンと潜むリスク~

不動産投資は、投資した不動産を貸すことによる賃料収入(インカムゲイン)や、不動産を購入時より高く売却することによる売却益(キャピタルゲイン)を得られる資産運用方法です。 不動産投資の具体的な特徴やメリット・デメリットについては「不動産投資とは」にて解説されていますので、まずはこちらからご覧ください。 ...

続きを読む

投資信託をもっと理解する~投資信託の種類とおすすめのファンド~

投資信託の種類 投資信託は、数多くの投資家から集めたお金を金融機関が運用し、運用によるリターン(利益)を投資家たちに還元する仕組みを持つ金融商品です。一般的には「ファンド」と呼ばれています。 出資をする投資家たちは、各金融機関がリリースしているファンドの中から出資先を選ぶことになるため、どのファンド ...

続きを読む

【中級編】生命保険をもっと理解する~定期保険・養老保険・終身保険~

生命保険の種類は3種類 生命保険は、加入者に万が一のことが起こった場合、加入者全員から集めた保険料の中から保険金・給付金を支払うことで、金銭面において困ることがないようにする仕組みです。 2022年現在、日本国内では42社の生命保険会社が存在します。そして保険会社が販売する保険商品は、それぞれの会社 ...

続きを読む

【実践編】株式投資をやってみる

株式投資のおすすめ勉強法 株式投資についてある程度の理解ができたら、実際に始めてみることをおすすめします。 百聞は一見に如かず、本やインターネットで勉強をすることも大切ですが、実際に投資を行うことで新たな発見や、自分なりの勝ちパターンを見つけ出すことができます。 こうした経験値による投資知識の習得は ...

続きを読む

資産運用とは

資産運用とは 自分の資産を貯蓄したり、投資したりすることで効率的にふやしていくことです。 ▶︎続きはこちら 資産運用の目的は「資産をふやすこと」 資産運用とは、一言で表すと「資産をふやすこと」であり、ふやし方の基本は「貯蓄」と「投資」を行っていくことが主流です。 資産運用をプロに任せる ...

続きを読む

NISA(ニーサ)とは

NISA(ニーサ)とは少額投資非課税制度のことであり、日本における株式や投資信託の投資金における、売却益と配当への税率を一定の制限の元で非課税とする制度。特定の金融商品を指すものではない。Nippon Individual Saving Accountの略。 NISAの制度概要 NISAは2014年 ...

続きを読む

外貨建て資産とは

円をドルやユーロなどの外貨に換えて運用する資産。 資産の価値が外貨を基準にして表記されるため外貨建て(がいかだて)と呼ばれる。 外国株式や外国債券などが代表的だが、他にも外貨建て商品は幅広く存在する。 円建て資産の限界 日本はバブル経済の崩壊以降30年近い年月を経て「低金利時代」に突入しました。 こ ...

続きを読む

iDeCo(イデコ)とは

iDeCoとは「個人型確定拠出年金」の通称であり、公的年金にプラスして給付を受けられる私的年金制度の1つ。公的年金と異なり任意で加入することができる。 節税効果もあるため、これから資産運用を始める人におすすめの資産運用方法。 iDeCo(イデコ)とは 現在の日本では1960年代から始まった年金制度( ...

続きを読む

不動産投資とは

不動産投資とは 不動産を対象とした投資。具体的には投資した不動産を他者に貸して、賃料収入などを受け取るインカムゲインと、その投資した金額以上での売却によるキャピタルゲインを期待する行為。 不動産投資の基礎知識 昨今、資産運用の方法は多様化してきました。以前から主流だった株式や投資信託のような金融商品 ...

続きを読む

【中級】株式市場と株式取引について

「株式投資とは」では株式とは何か、また株式投資の意義や売買の仕組みについてお伝えしました。 しかし株式投資について理解するためには、まだまだ必要な知識がたくさんあります。 まずは実際に株式が取引されている市場(しじょう)とその仕組みについて知識を増やしていきましょう。 現在日本にある株式市場とこれか ...

続きを読む